看護師の仕事について

 

看護師になって今年で9年目。世間では中堅と呼ばれるくらいの経験年数になった。

 

看護師 仕事看護学校もとてもしんどかったが、看護師1,2年目に比べると全然マシだったと思う。1、2年目の時は毎日業務内容を覚える事や疾患ばかりにとらわれていて、毎日毎日失敗して先輩から怒られることの連続。何回も「辞めたい」と思った。何とか頑張って3年目になり、先輩や患者さんからも信頼されるようになった。同時に自信もついてきた。今考えれば全然浅はかな自信だったと思う。3.4年目になると委員会、会議、研究、プリセプターなども入ってくるようになりますます忙しくなった。間に挟まれることも多くなり、また「辞めたい」と思うようになった。4年目が終わるころには結婚も決まったため、転職し家から近い病院に就職した。

しかし、環境が変わればまったく看護の方法などもちがい、色々と言われるようになった。女の世界・・・よくそんな言葉を使われるがまさにその通りで、子持ち主婦が1番えらいみたいな感じのオーラだった。長くは持たずすぐに退職し、近所のクリニックに転職した。クリニックも昔からいるお局さん達の思い通りにならないと色々言われ、嫌な事は新人がやるという雰囲気で息苦しくなった。三度目の正直を急性期の病院に戻り、救急勤務になった。正直めちゃくちゃ忙しい。しかし、忙しい分愚痴もすくなければ、馴れ合いもほとんどない。男女平等で、医師にぺこぺこすることもない。気持ちが楽になった。やはり女の世界・・・暇があればターゲットを探し、愚痴を言う。もちろん今の職場もいないわけではないが、楽なところに比べるとマシである。色々なところに勤めてきて嫌な思いもしてきたが、「免許」1つあればどこでも働けるしスキルアップもできる。施設でも在宅でも病院でも派遣でもなんでも働ける。そう思うようになってから「辞めたい」という気持ちも減り、気楽に働けるようになり看護師になってよかったと思うようになった。そう思えるようになるまで9年もかかり、看護師の離職率が高いこともまさに経験してきたことがすべて物語っていると思う。
白髪染めヘナ ニキビ跡小町